パナソニックのシュガードロップ軽量タイプ。バッテリー込みで車重22.2kg

パナソニックのシュガードロップ軽量タイプ。バッテリー込みで車重22.2kg

2013年モデルの
パナソニックのシュガードロップです。

パナソニックの電動アシスト自転車が
一番バリエーションが多いです。
多いということは選びづらいとも言えます。

電動アシスト自転車というとバッテリー込みで
重さが30kg近いものが結構ありますが、
シュガードロップは、バッテリー込みで
20kg代前半の22.2kg、タイヤが20インチで
重い買い物には、あまり向いてないかもしれませんが、
軽量タイプで体の小さな女性向きです。

サドルの高さが74cmまで下げられます。
3段変速も付いているので軽い坂道なども
軽い車重とあわせて、走りやすいと思います。

街の数キロ程度の普段使いの
移動手段として良いと思います。



↓この自転車店で他の商品を見る。
自転車Dプラス

楽天でPanasonicシュガードロップの
口コミ感想最安値を見る





posted by akit1974 at 2013年02月25日20:00 | Comment(0) | Panasonic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パナソニックのビビチャージ走りながら充電できる

パナソニックのビビチャージ走りながら充電できる

パナソニックのビビチャージシリーズです。

ビビチャージは前輪の車軸に発電機が付いていて
上り坂ではこの発電機自体が電動アシスト状態になって、
ブレーキと下り坂などでは充電状態になるというものです。
他の電動アシスト自転車と違って
モーターが前輪に付いてます。

この自転車自体が走ってる間に、ある程度
発電するので他の電動アシスト自転車に比べて
充電回数が少なくなるということです。
他の電動アシスト自転車に比べて
バッテリーの容量を気にしなくても良いということです。
画期的です。

ビビチャージW、ビビチャージE、ビビチャージS
と3タイプあります。
主な違いはバッテリーの容量の違いです。
内装の3段変速で、液晶モニターで
バッテリー残量も表示されるので
わかりやすくて良いと思います。

ビビチャージは、長時間走れるということで、
車、バイクの免許を持ってない人、
または、持ちたくない人で、
いろんな家、企業をたずね歩くような
セールスマン、セールスレディーに良いと思います。

これはバッテリー容量の一番多い
↓ビビチャージWTで27インチです。


↓この販売店で他の商品を見る。
NEXT−R

楽天でパナソニックのビビチャージの口コミ感想最安値を見る


posted by akit1974 at 2013年02月22日20:00 | Comment(0) | Panasonic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Panasonicオフタイム折りたためる軽量タイプで20kg

Panasonicオフタイム折りたためる軽量タイプで20kg

パナソニックの電動アシスト自転車は、
バリエーションが多いです。

その中でも電動アシスト自転車であり、
折りたたみ自転車の2012年モデル
パナソニックのオフタイムです。

同じパナソニックの電動アシスト自転車の
シュガードロップとは、
モーター、バッテリーなどの動力源は共通のものです。

前輪が18インチ、後輪が20インチで、
車体の重量がバッテリー込みで20kgで軽量タイプです。
電動アシスト自転車は30kg近いものもあるので
オフタイムは体の小さな女性でも
扱いやすいと思います。

さらに7段変速も付いています。
折りたたみ自転車という性質上、
普段使いの買い物には完全に向いてないですが、
パナソニックのオフタイムは
車のトランクに積んで、ドライブ先で
気楽に動きまわる時に便利だと思います。



↓この自転車店で他の商品を見る。
NEXT−R

楽天でPanasonicオフタイムの
口コミ感想最安値を見る



posted by akit1974 at 2013年02月21日20:00 | Comment(0) | Panasonic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。